葬儀スタイル-2

葬儀スタイル-2

家族が自然葬を選んだなら

「死んだら灰を海にまいてほしい」こんな希望もよく聞きますね。

火葬後に遺骨を粉砕し、海や山などに散骨するものを“自然葬”といいます。海、山、川など、自然に帰りたいという自然回帰の思いは誰しも心の奥にあるものなのかもしれません。

ですが、最近は単純なる自然回帰の願いの結果だけとは言い切れないようです。自分が眠るお墓を用意することが困難であったり、少子化のためお墓を守ってくれる人がいなかったりなど、さまざまな事情から“自然葬”を決断する方も増えているようです。

自分の親がもし“自然葬”を選択した場合を考えてみましょう。希望を託されたからと言って、海でも山でも川でも、はたして好きな場所どこにでも散骨してもいいものなのでしょうか。

日本ではかつて“墓地埋葬法”により、墓地など許可された場所にのみ埋葬するという取り決めがされていたため、“自然葬”は難しい話でした。ところが近年では、厳密に法的な面でいうとあいまいな部分もあるようですが、節度をもって行われる限りは許されることとなりました。

たとえば海の場合は“海洋葬”といいますが、陸から20キロ以上離れた沖合いに散骨するなどの原則が設けられているようです。一般的な“海洋葬”の流れはというと、まず開会の言葉、続いて黙とう、粉状にした遺骨を散骨し、顕花で締めくくります。海が好きだった故人のために、いつも釣りに出かけていた場所であるとか、船に乗って漁にでかけていた場所であるとか、幼少期に父親に連れて行ってもらった思い出の海であるなど、最期に帰りたいと願う海の場所まで具体的に生前に聞いておきたいものですね。

不動産投資 節税 不動産投資 失敗 不動産投資 利回り
不動産投資 ローン 不動産投資 物件 不動産投資 東京 不動産投資 神奈川
不動産投資 リスク 不動産投資 セミナー 不動産投資 収益物件 不動産投資 アパート マンション投資


遺族としては、少々寂しい気持ちが残り、“自然葬”を選ぶということには複雑な思いが残るものかもしれませんが。実現するに当たっては、ひとまず葬儀社に相談するのが良さそうです。

さて、かつてアメリカの企業が行った、世界初の“宇宙葬”をいうものもありました。粉砕した遺骨の一部分をカプセルに入れてロケットで地球周回軌道まで運んで放出。長期間地球を周回したカプセルは、やがて流れ星となって燃え尽きるのだそうです。

これも“自然葬”のひとつでしょう。子供に話す「おじいちゃんはお星さまになったのよ」というお話のとおり、流れ星になれるなんて、実にロマンのある葬儀ですよね。費用はかかっても、人生の最期に叶えられる夢を持ちながら夜空を眺め年齢を重ねるという、こんな方法もいいものかもしれませんね。


残業代 横浜市町田 ゴルフスクール

中古マンションの購入には必ず必要なのが
良心的な不動産屋さん。
中古マンションの購入なら
さくらエステートがオススメです。


Calendar